借金返済できない?大丈夫、まだ解決法はあります

ここでは、もう借金返済できない方に向けて、もう時間がないので少しでも早く解決したいときの借金問題解決法を紹介しています。

 

借金が重すぎて進めません

 

  • 借金の返済ができない。もうどうしようもなくなりたくさんの消費者金融などから督促や取り立てが押し寄せている。
  • 一括返済請求が来ていて間もなくその返済期限だがお金がないのでどうにもならない。
  • 借金の相談をしたり頼りにできる人は誰もいない。借金について家族や友人にはとても言えないし絶対に知られたくない。
  • どうすべきか、どのようにすれば借金を返済して問題を解決できるのか思いつかない。

もう少し早く、借金の滞納が始まる前の段階であれば、生活を見直し、無駄を省き、副業で収入を補ったりしながら自力で返済することも可能かもしれません。(カードローン|返済不能にならないためのポイント 参照)

 

しかし、あなたが以上のような現状で苦しんでいるということは、今の自分にはお手上げの状態だということでしょう。

この段階での借金解決法の正解は債務整理の手続きをとること。それもなるべく早く手続きを開始することがおすすめです。放置することで借金には遅延損害金が発生しさらに状況は悪化するからです。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

shakkin-support

 

こんな状態であっても脱出可能です

あなたが上記のような状態になっていてもあきらめる事はありません。どんな借金問題であっても解決して借金地獄から脱出できるからです。

 

キャッシングやクレジットのお金を返せない、家賃や携帯料金も滞納中、すでに水道や電気も止められて入金できるアテもない。毎月の給料が借金の返済でほとんど消えてしまうような最悪の借金生活からでも復活可能です。

「実は消費者金融や信販会社に訴えられて、裁判所から出頭するように連絡が来ているんです。」というあなたでもまだ間に合います。なんとか解決できますから大丈夫です。

 

もし身近に相談できる人いるなら

もし、あなたに経済力があり頼りになる身内がいるのであれば、ダメモトですからその方に相談すべき。あなたの親御さんであればベストです。

 

率直にあなたの現状を話して助けてもらえるなら理想的です。でも「そんなことできるわけがない」という方がほとんどでしょう。また「頼れる親兄弟はいない」という方も少なくないでしょうね。

「そんな親がいるなら、もうとうの昔に相談している」「それなら今現在こんな生活していない」という声が聞こえてきそうですが確かにそうかもしれませんね。

 

返済できなくてもあきらめない、早まらない

 

ここが大切

 

債務整理は法的な借金の解決方法。借金問題で人知れず悩み苦しんでいる多くの方が救われている方法です。

 

人生のピンチを救済する国の「セーフティネット」の一つと言えるでしょう。

 

本当に最悪なのは自暴自棄になり借金返済のために手っ取り早くお金を手に入れるために犯罪に手を染めたり、借金の金額の多さに絶望的になり自ら自分の命を断ってしまうことです。

どうか借金が返済できないからと言って、あきらめたり早まらないでください。言い方に語弊があるかもしれませんが、たかが借金の事で自分の人生を棒に振る必要はありません。

 

債務整理を依頼すると督促がストップ

借金の返済が不能になって打つ手がないのであれば、法律で借金を減免(減らしたり無くしたりする)する債務整理を選ぶのが結局良いのです。

 

借金を返せないまま、放置されたままで滞納状態が続いているのが結局状況を悪化させていくからです。まず最初は借金問題に取り組んでいる弁護士、司法書士など専門家に依頼するのが一般的な手続きになります。

弁護士、司法書士に債務整理を依頼すれば即時、いままで止まなかった返済の督促や請求をストップできるのです。まずはこの点だけでも債務整理を依頼する大きなメリットとなります。

 

費用のことよりも先に問題解決を

たぶんみなさんは債務整理のための費用について心配に思うのではないでありませんか?

 

お金がないからこそ借金の返済が不可能なのに債務整理の手数料とか弁護士に支払う報酬とか払えるはずがないと思いますよね。

けれども、ほぼ全てのケースで債務整理がすべて終わってから分割で支払いができますので、債務整理の依頼、借金整理の相談のときにはその点も同時に聞いてみるのがいいと思います。あなたが無理なく払えるように考慮してもらえるでしょう。

 

反省するのはあとからで充分

返済できない自分自身をふがいない、情けないと思い落ち込むかと思いますが、まず、今まで積もり積もったマイナス分をキレイに解決するのが先決です。

 

反省するのは全て借金の整理がついてからでも充分間に合いますよね。

こんな経験をしたら、もうこりごり、2度と借金を繰り返さないと思うのは当然ですが、今は落ち込んだり振り返っているヒマはありません。まず、借金問題解決へ向けて一歩を踏み出すのが最優先だと考えてください。

 

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

shakkin-support

債務整理した人は「早くしていればよかった」と思う

不安が解消されるまでもう少し

 

先程の繰り返しになりますが、借金返済ができないなら早く対策するのが結果的に正解です。最後には裁判所からの出廷命令が来たり、強制執行(差し押さえ)されます。

 

あなたがクレジットやカードローンの返済に行き詰まり、これ以上借金を返済できない時、自力では解決できない時の対策が債務整理です。

 

法的に認められている債務整理によって現在でも年間300万人以上の多くの人たちが借金問題から救われていると言われています。

借金を返せないまま、諦めたり開き直ってそのまま放置状態のままだと、状況は悪くなっていくばかりだから。ついに金融会社に訴えられ、強制執行、つまり給料や財産の差し押さえされるという結果が多いのです。

 

苦い経験からおすすめする債務整理

返せないまま放置すると、まず返済を催促する電話がかかってきます。さらに督促状が郵送されて、直接自宅に金融会社から取り立てが来たり、その後、金融会社から訴えられて裁判所からの出廷命令が来る事態になります。

 

恥ずかしい話ですが実は… 上記にあげた借金についてのトラブルはぜんぶ当サイト管理人の私がいままでに体験済みの事実ばかりなのです。

こんな私の苦い借金経験ですが、今すぐに、借金返済できない、この状況をすぐに解決したいのであれば、私と同じ失敗を繰り返さないようにと思いこのサイトを立ち上げたのです。

 

こちらのページで私の借金地獄脱出体験を紹介しています。
>債務整理体験記|借金地獄からの生還

 

きっかけは様々でも解決法は共通

足りない生活費の穴埋め、事業の運転資金、株やFXなどの投資、ギャンブルや夜遊びなどの遊興費等々、借金をするに至った原因は人によってそれぞれ違うと思います。どれが正しい借金、どれが間違った借金なんて色分けは出来ません。

 

それにもう返済できない、返済が困難である、という状況なら原因追求よりも、まず解決です。

 

借金返済できないために悩んでいるのは誰もが同じなので、このあとご紹介する借金解決の方法はどんな借金であっても共通して使えるものです。

 

私がどうしようもない借金の失敗から脱出させてくれた強力で全く合法的な解決方法をご紹介していきましょう。

多くの人は「もっと早くしていたら良かった」思う

債務整理で借金の解決できた人のほぼ全員が同じように口をそろえて言っている言葉があります。

 

「もっと早く債務整理していればよかった」という言葉です。実は、借金で苦しんでいた私も心底そう思いました。

 

弁護士に債務整理を依頼するといきなりその恩恵に預かることができます。借金していた何社もの金融会社から連日押し寄せていた催促の電話、督促状の嵐がピタッと止まり、なんとも言えない開放感と安らぎを感じたのは今でも忘れられません。

弁護士、司法書士に債務整理を依頼すると、債権者(借入先の業者)に対して債務者(借金している私たち)の債務整理を依頼された旨を連絡します。これを受任通知と言って、弁護士、司法書士から通知された金融会社はその通知以降、債務者の私たちに直接接触することが法的に禁止されます。

 

代理人として専門家が窓口になる

受任通知後は貸金業者が債務者へ直接アプローチすることができませんから、全て弁護士、司法書士が代理人として行うことになります。

 

つまり今後一切、直接、電話や郵送で借金返済の請求や督促が来ることは原則的になくなるのです。

 

他のみなさんもやはり同じく「こんなに楽になるなら借金返済に迷ったり悩んでいないで早く弁護士さんにお願いすべきだった。そうすれば余計に苦悩せずに済んだのに。」と言うそうです。

実は、債務整理はわたしたち債務者が代理人を頼まずに自分で行える手続きです。時間がかかり困難ですが費用は格段に安く済みます。しかし、債権者である貸金業者とはあらゆる場面で直接、対峙することになり、督促を止めることはできません。

 

借金返済方法の選択

 

わからないことは相談してください

 

債務整理といえば自己破産を連想する方が多いのですが、債務整理の手続きといっても自己破産ひとつだけではありません。

任意整理 貸金業者と私たち(代理人)が直接交渉し返済額や返済期間を変更する

 

個人再生 裁判所に申し立て大幅に借金減額し返済期間を変更する

 

自己破産 裁判所に申し立てて借金全額の返済を免除してもらう

の3種類の方法があります。借入れているお金の総額やあなたの現在の収入財産の有無など、あなたの置かれている状況によって最適な方法を選びます。

 

一番効果的な債務整理は、現在残っている借金全額がなくなる自己破産ですが、その代償として自分が持っている家、土地、車、高額な預貯金など財産となるものを手放さなければなりません。

 

なので、一般的には、いちばん簡易な債務整理となる「任意整理」から検討し、それが無理なら次に「個人再生」を考え、全く返済が不可能状況なら自己破産にする、というようにどの債務整理にすべきなのか可能性を順番に考えていきます。

 

こちらも合わせて読みたい

 

平等に与えられた国民の権利

契約どおりに借金を返すのが当然であり、個人の都合で借金を返せないというのは身勝手で後ろめたいと思っている方も多いのではありませんか?そんな場合でも、任意整理を選べば借金を減額する方法により自分が無理なく払える範囲で借金の返済を続けていくのも可能です。

 

また、自力では全く借金を返すのが不可能で心身ともに疲弊し切っている状態ならば、迷わず自己破産を選び一刻も早い生活再建を考えてください。

 

借金で悩んでいる人ほどまじめで後ろめたい気持ちに囚われている傾向がありますが、債務整理は私たちに与えられた権利なのです。

 

これからの自分の人生を実り多いものにするために何よりもまず借金の問題を解決するのが大切なことです。

 

誰に頼んだら良いのか、がわかる

どの方法にするかの判断や法的手続きには専門の知識と時間が必要ですから、弁護士、司法書士などに相談の上、進めるのが一般的。

 

できれば債務整理の得意な弁護士に依頼するのが良いと思います。ただ、いきなりどの法律事務所に相談すべきか、どこが良いのかわかりませんよね。

 

また、弁護士に依頼すると必要になる費用についても心配になるもの。定価があり全部の業者共通の価格表があるものではありませんから実際にいくらかかるのか一番気になるポイントではないでしょうか。

 

そんな方々の「借金返済ができない状況で悩んでいるけれどもどうすべきなのか良くかわからない」、「値段もわからずどこに相談すべきかわからない。」そんなケースでメールでも借金問題を無料相談できるのをご存じですか?

 

私も実際に匿名で利用し、いちばん良い解決方法をアドバイスしてもらうことで借金生活脱出のきっかけになりました。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

shakkin-support